仕組みをまずは知る|超小型犬にも対応!レボリューションを使ってフィラリアと戦おう

仕組みをまずは知る

数種類の薬

フィラリアとは一体何なのか?
フィラリアとは特に犬に多いとされる感染症のひとつです。犬を飼っている飼い主さんは必ずフィラリアがどういう病気なのかを理解しておいてください。

ではここではそんなフィラリアの主な仕組みについての話をします。
フィラリアは犬の体内に入り込み、そこで成長する犬糸状虫と呼ばれております。
このフィラリアが体内で成長しきったら体内のあらゆる臓器などに卵を産み付けるようになり、ますますフィラリアが体中に広がっていくわけです。
もちろんそうなってしまうと最終的には死に至ることになります。

そしてそんなフィラリアの主な感染経路ですが、基本的に原因となっているのが「蚊」です。
蚊は「ミクロフィラリア」と呼ばれるものを体内に取り込み、それを犬の血液を吸う際に体内へと放出致します。
なので蚊が一番多くなる夏場あたりは特にフィラリアの感染に注意した方が良いと言えるでしょう。
またフィラリア自体も主に温かい気候の時によく動くようになるので、夏場ほどペットにとって危険なタイミングはありません。

ただここでよくある勘違いが「夏場以外は大丈夫なのか」という思い込み。
たしかに蚊は夏以外の季節であまり見かけあることがないと思います。
しかしあくまでも蚊の数が減っているだけであり、全くいないというわけではありません。
よく季節外れの蚊に刺される人っていますよね。
つまり蚊はたとえ夏とは違う季節であっても刺しに来ることがあるわけです。
だから基本的には時期に問わず常に予防薬を投与しておいた方が良いでしょう。